スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。


ピアノ内部アクションの部品交換です。

部品と部品を繋ぎ、回転運動の軸となるところにセンターピンがあります。
一つの鍵盤一音にアップライトピアノは4本、グランドピアノには6~7本ピンが有ります。
アップライトピアノ アクション構造図 No.17,30,35,53

センターピンはフレンジ部品に貼られた赤いクロスと接触をしており、クロスやピンが変化する事で部品の動きが悪くなり、
不具合を起こします。
鍵盤からの力をうまく弦に伝えられないので良い音が出なくなり、放置するとアクションを傷めてしまう原因になります。

高湿度の部屋に長期間ピアノが置かれていると、クロスが湿度を吸って膨張し、ピンを圧迫します。
その状態が続くと、ピンが湿気により錆びたり、腐食する事も有ります。
その場合は、クロスに汚れが付着し削ってしまう事に繋がり、酷くなるとガタ付く様になります。

ピンを新しく交換をし、クロスとの隙間の微調整をする事で、部品が円滑に動くようになります。
重度のガタ付きは、フレンジ側のクロス張替修理も必要になります。

ピン交換をしても、設置環境が悪いとまた同じ現象が起きます。
出来る限り、室温・湿度を一定に保つ様に心掛けましょう。
ピアノ管理については→コチラ

【ピアノに出る症状】

・鍵盤タッチ(弾き心地)が重い、鈍い

・音が出にくい、又は出たり出なかったり、出ない時がある

・音の強弱コントロールがし難い

【原因】

・クロスが膨張 → 部品の動きが悪い

・ピンの腐食や汚れ → 部品の動きが悪い

・クロスの摩耗で緩くなっている → 部品にガタ付きが出る

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-87-2188まで