スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。


日常のピアノのお手入れ方法です。
長年の蓄積した汚れや錆は、クリーニングを行うときれいになります。

塗装面

①表面の埃を毛ばたきやクロス(柔かい布)で軽く拭き取る

②水を染込ませて固く絞った柔かい布で汚れを拭き取り、乾いた柔かい布で空拭きする

③ピアノワックスをピアノクロスに少量付けて含ませ、ムラ無く塗り広げて拭き上げる

鍵盤

水を染込ませて固く絞った柔かい布で汚れを拭き取り、乾いた柔かい布で空拭きする

又はキークリーナーで拭き取る


 注意点

  • ワックスは艶出しピアノ、艶消ピアノ其々外装塗料により使用するものが異なります。

  間違って使いますと塗面を痛めますので、ご不明の場合は技術者にお問合せ下さい。

  • 塗装面に使用する布と鍵盤に使用する布は分けて使って下さい。

  艶出しワックスが鍵盤に付着すると指が滑り易くなります。

  • アルコールやベンジン、市販の各種洗剤や化学雑巾を使用しないで下さい。

  塗面の変質やひび割れ、傷がつく原因になります。ピアノ専用のものをお使い下さい。

  • ピアノ内部にお飲み物などの液体物を入れてしまった場合は、速やかに拭き取れるところは固く絞った柔かい布で拭き、技術者へ連絡して下さい

  時間が経過すると、部品を痛めて動き難くなる原因や、錆の発生の原因にもなります。

  • ピアノの上に置かないで下さい (塗装面や鍵盤の変色・変質の原因になるもの)

   【ブラスチック製品】塩化ビニール加工している表紙の本、電気コード、消しゴム、おもちゃ など

   【ビニール製品全般】

   【アルコール製品】香水、殺虫剤、ウイスキー など

   【その他】マジック(油性ペン)、化粧品、マニキュア、整髪料、塗料