スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。
A:
床補強をしてあれば安心で間違いありませんが、そうでない場合には家を建てたハウスメーカーや工務店に一度確認、相談をして下さい。
住宅の居室の床の「積載荷重」については、建築基準法施行令の第八十五条に決まりがあり、1平方メートルあたり180kgの荷重に耐えること、とされています。
Tags:
A:
クレーンが使用出来れば可能です。
通常、掃出し窓のある窓からクレーンで吊って搬入します。
クレーン使用の際は、電線やカーポート、木などの障害になるものが搬入窓周辺に無いか確認も必要です。
Tags:
A:
・直射日光の当たる場所は避ける
・冷暖房機を設置するところから離れたところで、冷風や熱風が当たらない場所
・台所や風呂場や窓などの湿気のたまり易い付近は避ける
・音が出る方向(アップライトピアノは後部から音が出ます)に出来るだけお隣の家がないようにする
A:
ピアノ本体はほとんどが木材などの天然素材で出来ている為、温度・湿度の影響を受けやすく、床暖房よる熱が木材の反りや収縮により調整の狂いを発生させる可能性があります。

キャスターからの熱伝導を抑えるため、床暖房の熱源の真上への設置は避けて下さい。
部屋の室温と湿度を測定し、適正に保つようにして下さい。
何も対処されていない場合は、毎年調整や音律など狂いが大きい傾向にあります。

施工前であればピアノの設置場所だけ床暖房設備を敷かないようにすることは可能か、重量的に問題ないか、メーカーにご相談、ご確認頂く事をおすすめ致します。
施工後の場合は、床暖房用のパネルを敷く方法もあります。
Tags:
A:
住宅は建築基準法に基づいて建てられていますが、床の補強の必要性は住宅構造や他の家具類との重量の兼ね合いも有りますので、
一概に必要とは言えません。工務店や住宅メーカーへご相談下さい。
Tags:
A:
キャスターの下にインシュレーターを敷いて設置すれば、問題ありません。
Tags:

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-87-2188まで