スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。
A:
ピアノに消音ユニットを取付けると生の音は100%消せます。
ただ、内部部品の動作音や打鍵音は発生します。
消音ユニットを取り付けても、アコースティックピアノ部分の耐久性は普通のピアノと変わりません。
消音ユニット部分の耐久性は、ー般的な家電製品と同じぐらいです。
仮に、電気部分が不具合になってもピアノ本体には影響しませんので、アコースティックピアノとしてお使い頂けます。
A:
取付によってピアノ本来の機能を損なうことはありません。
厳密な事を言えば、内部の調整を変えているところがありますので、タッチに変化を感じる方もいらっしゃいます。
具体的にはレットオフの調整を、通常2~3mmのところ6mm位に変更します。
また、通常演奏時は打弦の感触を受け取りますが、消音ユニット使用時では金属製のバーを叩いた感触がその代わりをします。
一度取付けられたピアノをご試弾される事をお勧めします。
A.
ピアノに消音ユニットを取付ることで、通常のピアノと一部調整を変更します。
厳密にいうとピアノと全く同じタッチ(弾き心地)ではありません。
可能であれば、ピアノとデジタルピアノを1台ずつ持ち、時間帯に合わせて弾き分けて頂くのが理想です。
消音ユニットの電器部分は、一般的な家電製品と同じく耐久年数が短く、長く使用出来ません。
よって、購入の際は中古機器ではなく、新品機器を取付けてもらうことをおすすめします。
中古機器の場合は、購入後のメンテナンスや保証を販売店に確認しましょう。
A:
演奏技術を基に考えると、設置スペースがあれば迷う必要はありません。グランドピアノのほうが、有利です。
高価なアップライトピアノに替えても、演奏能力がアップする効果はあまり期待できません。
インテリア的な要素を重視するなら、それも良いかもしれません。
その場合でも、グランドピアノに買い替えるときのことを考えて、下取り価格の高いものを選ぶと、後で後悔しなくてすみます。
買い替える目的を、具体的に挙げて書き出してみましょう。
Tags:
A:
設置するお部屋のスペースをお考えになって判断をしましょう。
本格的にレベルアップを望むならば、ダイナミックレンジの広い、サイズの大きいものがお勧めです。
グランドピアノで人気のある機種は3タイプ(奥行き186cm)や5タイプ(奥行き200cm)です。
Tags:
A:
どんな曲を弾き、ピアノに何を求めるかが目安になります。
アップライトピアノは構造上、素早い連打ができない、小さな音から大きな音までの幅が狭い、ペダルで音色に変化をつけられないなど、 様々な限界があります。
レッスンが単なる指使いの訓練から、曲の表情付けや曲想を考えた勉強の段階になったら、グランドピアノに買い換えられることをお勧めします。
早い方でツェルニー30番やバッハのインヴェンション、ソナチネあたりにさしかかると、グランドピアノに買い換える例があります。
コンクール等に出られる場合は、当然ながらグランドピアノでの練習が有利です。
ホール用の大きなグランドピアノと比べると、アップライトピアノの音量バランスは、比較になりません。
低音弦は特に振幅が大きいため、音量に差があります。
グランドピアノのサイズが大きいほど、ダイナミックレンジが広い為、豊かな表現力が身につきやすくなります。
勿論、最初からグランドピアノで練習出きれば、更に良いでしょう。
Tags:

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-841332まで