スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。
A:
ピアノが水に浸かったら、濡れたところは拭ける範囲で拭いて下さい。
ピアノの下のパネルも外せるようでしたら外して拭いて下さい。
泥などは、濡れ雑巾で綺麗に拭き取って下さい。
その後は自然乾燥をして、ゆっくり元に戻るのを待ちましょう。
ドライヤーなどで強制的に乾かすのは、お勧め出来ません。
鍵盤の下まで水に漬かった場合は、上記方法で再使用できる可能性が高くなります。
鍵盤の上を越していたら、もう少し重症です。
調律師に、早急にご連絡して下さい。
いずれの場合も直接指示を仰ぎましょう。
Tags:

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-841332まで