スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。
A:
冷暖房器具の風はピアノに直接当たらないようにして下さい。
特にガスや灯油の暖気は、危険です。
燃焼した暖気には、水分の発生もあることをお忘れにならな いで下さい。
ピアノに直接当たると、内部で結露を起こすことがあります。
壁や窓等が結露を起こしても、湿度の上昇に繋がることがあります。
温度と湿度の変化が調整を狂わせ、故障や寿命を縮める結果となります。
ピアノの周囲の湿気を少なくするようにお部屋を換気して風を通したりする事も必要です。
理想はエアコンや除湿機と、加湿器を使い、温度と湿度を一定にすることです。
出来る限り、室温25℃前後、湿度50%前後に近づける工夫をして下さい。
直射日光はカーテンなどで、防いでください。
窓の外に遮光する工夫が有れば、更に良いでしょう。
ピアノの上に物を置くのもやめましょう。
・ビニール加工してある表紙の本やノート、教材、プラスチック製の消しゴム、おもちゃなどは外装を傷める恐れがあります。
・樹脂製の吸盤は、ピアノの塗装を変化させることがあります。ピアノには使用しないで下さい。
・水の入った花びんや鉢は、水がこぼれたら故障の原因になります。
・ガラス製品は共鳴して、雑音の原因となります。
・鍵盤の隙間に鉛筆の芯やヘアピンを落とさないで下さい。鍵盤が動かなくなる原因になります。

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-841332まで