除湿機

  • 印刷
ピアノの調律は、基本毎年1回行います。
一年間ピアノの状態(音や弾き心地)を保つには、お部屋の室温と湿度をなるべく一定に保つ事が重要です。

ベストは、室温25℃前後、湿度50%前後です。 
室温は±10℃の変化で1Hz狂いますが、全体的に変化する為、さほど音律の乱れは気になり難いですが、
湿度の変化は中音部が変化する為、全体的なバランスが崩れ、音律の狂いが気になります。

高湿度の時は、ピアノの為に是非除湿機をご利用下さい。
年間通して使用して頂く事で、ピアノの音程や調律の狂いを少なくし、安定します!

おすすめは、三菱の除湿機 最新機種はMJ-180MXです
この除湿機は、デシカント方式の除湿機で、一番除湿能力が高いモデルです。

設定湿度を下回ると自動停止し、上回ると自動運転
します。
この機能が無い除湿機をご使用ですと、湿度の不安定な状態を作ってしまいます。
また、湿度を保とうと手動で電源のON、OFFをするものは、面倒になる為、使用されなくなったものをよくお見かけします。
多少お値段は高くても、よく使用する方がお得です。

他のモデルや他社製品では、タンクが小さい、湿度設定が出来ない、除湿能力が低いなどと性能が劣る為、
湿度を一定に保てず、湿度差が生じる事により、ピアノの状態を不安定にさせる事が、実際に確認取れています。

暑い時期は、エアコンと併用しないと若干室温が上がります。
最新機種はMJ-180MXです。 詳しくは三菱電機ホームページをご覧下さい。
Eメールでお問い合わせ、若しくは調律師にご相談下さい。
mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください



弊社店舗使用中            現行モデル
MJ-180AX               MJ-180MX

外形寸法:高さ594×幅372×奥行281mm
重量:14.9kg
除湿方式:コンプレッサー式
除湿面積の目安:一戸建(木造)和室~23畳
一戸建(プレハブ)洋室~35畳
集合住宅(コンクリート・軽量コンクリート)洋室~45畳
消費電力:390W
運転音:38dB
排水タンク容量:4.7L 自動停止

おすすめポイント
①湿度設定が出来る → 湿度を一定に保ちます
②自動除湿が出来る → 電源を入れっぱなしで勝手に除湿し、設定湿度以下になると停まります
③タンク容量が大きい → 排水回数が少なく済み、楽!
④大きい設計変化が無い → 長年同型製造されており、品質が安定している
⑤除湿能力が高い → パワーがあるので湿度が高い時にスピーディーに下げる事が出来る

湿度を一定に保ちたい理由は・・
● 音程の維持
● タッチの変化を防ぐ
● 金属部分の錆を防ぐ
● カビの発生を防ぐ
● 各部品の磨耗を防ぐ
Tags:
 

アップライトピアノ

グランドピアノ