スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。
A:
ある程度の範囲で、変えることはできます。
まず設置場所の状況、調律の状態、整調の状態、整音の状況を調査します。
文章で音の説明は分かりにくいかもしれませんが、柔らかな音にする場合の一例です。

・床や室内に吸音材になるものが多くあると場合は、音色はソフトになります。
・調律をする時に調律師に基音を重視して調律をしてもらうと、ソフトに聞こえます。
・整調作業により、アクションの運動量を少なくすれば、音色はソフトになります。
・最終判断になりますが、ハンマーフェルトを柔らかくすると、音色はソフトになります。

反対にハンマーフェルトを硬くすると、音色はハードになります。
調律師にどのように変えたいのか、相談してみましょう。
Tags: ,

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-841332まで