Home用語解説

ピアノ仕様用語解説

  • 印刷

ピアノ仕様用語解説

アクチュエーター 最低音部に通常より2本多く張られた弦。
弦数を増やす事で弦振動を響板に伝えている駒という部品が長くなります。
振動し易い響板の中央よりに近づけて駒を取付けられるので、弦振動をよく伝えられるようになり、響きが向上します。
正しく調律する事でこの弦が共鳴(共振)し、より豊かでダイナミックな低音を響かせる事が出来ます。
アグラフ グランドピアノや、アップライトピアノの上級機種に採用されている弦押さえの一種。
弦の位置や発音する部分(有効弦)の長さを正確に定めるとともに、一つの音程ごとに独立した弦押さえができるので、音色が明快になり、和音が美しくなります。
アリコート方式
弦押さえ
グランドピアノやアップライトピアノの上級機種に採用されている弦押さえの方式。
通常振動させない弦(チューニングピン~ベアリング)と振動する有効弦(駒とベアリングの間)とあります。
アリコート方式ではフレームに山脈状の盛り上がりをつけることで、有効弦と共鳴弦を最適な比率関係にします。
倍音が発生しやすくなり、音色の輝きや音の伸びを高めることができます。
アンダーフェルト ハンマーの理想はフェルトの表面は柔らかく、内部にいくほど硬く巻くことです。
フェルトの下にもう一枚フェルトを巻いたアンダーフェルト入りのハンマーを採用することで、ハンマーの内部をより硬くすることができ、特に低音部では重量を持たせられるので、いっそう豊かな音量と響きが得られます。

フェルトは赤色・オリーブ色・黄色など様々な色が有ります。

オールアンダーフェルト:
全てにフェルトが入ったハンマー
セミアンダーフェルト:
最高音部を除いたハンマーにフェルトが入ったハンマー
オーバーハング
長駒
アップライトピアノは形の制約から、限られた響板面積の中で十分な弦長を確保しなければなりません。
中低音部の弦長を長くとる為には、低音部の巻線に変わるあたりの長駒をできるだけ響板の端に位置させる方が良いのですが、弦の振動を効率的に伝える為には、逆に駒は出来るだけ響板の中央寄りにあった方が良いのです。
この相反する条件を調和させるために、駒の脚の部分を響板の中央寄りに位置させ、弦の接触する駒の上部は響板の端の方へ張り出した形にしたものがオーバーハング方式長駒です。
音の流れがなめらかになります。
ソステヌートペダル グランドピアノの中央のペダル。高級機種のハンドマフラー付ピアノの中央のペダル。
ある鍵盤を押した後でこのペダルを踏むと、指を離してもその鍵盤の弦のダンパーだけが弦から離れたままになり、その音だけを長く伸ばすことができます。
シフトペダル GPペダルの左側のペダル。ソフトペダル、ウナコルダペダルとも言います。
ペダルを踏むとアクション全体が右へスライドし、ハンマー位置が変わる事で弦の叩く本数が変わり、音は小さく、柔らかくなります。踏込の深さを調整する事で微妙な音色の変化を付けることも可能です。
ソフトペダル UPピアノの左側のペダル。ウナコルダペダルとも言います。
ペダルを踏むとハンマーが全体的に弦に近づき、音が小さく、柔らかくなります。
ダンパーペダル UP、GPピアノの右側のペダル。ラウドペダルとも言います。
ペダルを踏むと全ダンパーが弦から離れる事で打鍵した音が伸び、余韻が残ります。
また、他の弦と共鳴するので、音を豊かにする効果もあります。
マフラーペダル UPピアノの真ん中のペダル。
踏んで固定をすると弦とハンマーの間にフェルトが挟まる事で、音が小さくなります。
ハンドルを引き固定をするタイプ(ハンドマフラー)もあります。
トーンエスケープ
トーンスプレッダー
アップライトピアノでは構造上、前板がある為にどうしても音はこもりがちになります。
前板などに一定の空間をつくり、そこから流れ出る音を直接耳で確かめながら弾くことができます。
メーカーにより名称が異なります。
ヤマハ:トーンエスケープ
カワイ:トーンスプレッダー
トーンモダレーター 響板から放射される音のエネルギーの節になる部分に音抜き孔を設ける事で、ピアノ内部にこもる音と直接外に広がる音を最適な状態にミックスされる役目を果たしています。
ピアノの音は耳に心地よい、まろやかなものになります。
カワイピアノの機能です。