Home調律・修理修理キーピン磨き

ピアノ修理-鍵盤部 キーピン磨き

  • 印刷
鍵盤が刺さっているピンです。
一つの鍵盤にバランスピンとフロントピンと2本ずつ有ります。

鍵盤は打鍵時にバランスピンの根元が支点となり、シーソーの様に動いて手の力をアクション部へ伝えて発音します。
演奏時には見えない部分なので、定期調律時に調律師による点検が必要です。

キーピンの材質は、真鍮とメッキされたものが有ります。
設置環境により錆が生じたり、汚れが付着して曇ったりします。

錆びや汚れは、鍵盤の動きを鈍くしたり、鍵盤調整時に鍵盤が抜けなくなり傷めます。
この様な症状があると、鍵盤タッチが重く感じたり、キーピンを挟むように接触しているブッシングクロスが磨耗し、鍵盤が不安定でガタガタするので、
演奏し難くなっていきます。


写真:真鍮のキーピンです。錆びて茶色くツヤがありませんが、磨くと金色に輝きます。


写真:メッキのキーピンです。白く曇り、汚れが付着していますが、磨くと輝きを取り戻しました。

錆が酷くない場合は、磨いて綺麗にします。
酷い錆びの場合は、腐食して表面がボコボコしますので、新しいピンに交換します。

キーピンが綺麗になったら、鍵盤のバランスホールに付着している汚れも取り除き、鍵盤を納めて終了です。

鍵盤調整を合わせて行う事をおすすめします。
鍵盤がスムーズに動き、軽やかなタッチなります。