スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。

よくある質問


A:

フェルトの布を、キーカバーといいます。最近のピアノでは、何も役目は果たしていません。
一般的なピアノの鍵盤の蓋には、譜面台が取付いています。
以前は鍵盤蓋を閉めると、この譜面台が黒鍵と接触して、黒鍵と譜面台を傷つけることが有りました。
最近のピアノは、この譜面台のヒンジ(蝶番)のところに5mmほどの真鍮製のダボがついています。
この部品で、譜面台がロックされます。
鍵盤蓋を閉めても、黒鍵とは接触しにくくなりました。
接触しにくいとはいえ、うっかりすると黒鍵に当たる事があります。
(調整が甘いと、譜面台はロックされません。この場合は調律師にご相談下さい)
キーカバーを掛けた方がその点安全です。
グランドピアノの場合やアップライトピアノの上譜面台タイプは、譜面台は別のところに付いているので意味は有りません。
演奏者にとって大事な鍵盤だから、大切にしたいという気持ちの現れでしょうか。

A:
ピアノにとって、湿気は大敵です。
音が悪くなったり、タッチが重くなったり、ひどい時は音が出なくなったリします。
また、白カビや金属部の錆、虫の発生の原因にもなり、さらにはピアノの寿命を縮める原因にもなり兼ねません。
出来る限り、湿度を50~60%に保つことが理想です。

弊社に入庫するピアノの内部を見ると、違いが分かる事があります。
乾燥剤が入っていたピアノは、木部にシミが少なく、埃も湿気を含んでいない為、簡単に除去掃除できます。
しかし、乾燥剤が入っていないものは、埃が湿気を吸い、ベタついてカビが生えていたりする事があります。

また、ピアノのフェルト類に、虫食いが見られる事もあります。
緑や赤の小さな粉が、虫の糞です。 またフェルトに2~3㎜の穴を見つけることもあります。
近年住宅環境が良くなった為か、虫も生息し易い様で、冬でも活動する虫を発見する事があります。

近年気候の変化か、年々湿度の上昇を感じることがあります。
何十年もカビが生えたことが無かったのに、今年はカビが生えたというピアノを拝見しました。

高価なピアノを大切にする為にも、ピアノに良い環境造り(室温・湿度)が必要です。
良い環境を保つことが出来れば、カビや虫の発生は抑える事は出来ます。
乾燥剤や防虫防錆剤は、ピアノ内部を良い環境に保ち易くするものです。
状況に応じて、調律師に相談しましょう。
Tags:

我が家では、子どもが生まれた時からピアノで遊んでおります。
3ヶ月の子供にお尻で音を出して、ドンドン。足で鍵盤をドンドン。
6ヶ月、腕でピアノをバンバン。家族はそれを見て、拍手~。
10ヶ月、指一本でポンポン。すご~~い。拍手~~。(H.N.)

ピアノのCDを出来る限り何時も掛けっぱなしにしております。
今は、特にショパンのバラードが大好きのようです。
中でもお気に入りの曲が掛かると、他の遊びをしていてもスピーカーの方を見つめております。
こんな時私は、「いい曲ね!」と声をかけます。(M.A.)

A:
冷暖房器具の風はピアノに直接当たらないようにして下さい。
特にガスや灯油の暖気は、危険です。
燃焼した暖気には、水分の発生もあることをお忘れにならな いで下さい。
ピアノに直接当たると、内部で結露を起こすことがあります。
壁や窓等が結露を起こしても、湿度の上昇に繋がることがあります。
温度と湿度の変化が調整を狂わせ、故障や寿命を縮める結果となります。
ピアノの周囲の湿気を少なくするようにお部屋を換気して風を通したりする事も必要です。
理想はエアコンや除湿機と、加湿器を使い、温度と湿度を一定にすることです。
出来る限り、室温25℃前後、湿度50%前後に近づける工夫をして下さい。
直射日光はカーテンなどで、防いでください。
窓の外に遮光する工夫が有れば、更に良いでしょう。
ピアノの上に物を置くのもやめましょう。
・ビニール加工してある表紙の本やノート、教材、プラスチック製の消しゴム、おもちゃなどは外装を傷める恐れがあります。
・樹脂製の吸盤は、ピアノの塗装を変化させることがあります。ピアノには使用しないで下さい。
・水の入った花びんや鉢は、水がこぼれたら故障の原因になります。
・ガラス製品は共鳴して、雑音の原因となります。
・鍵盤の隙間に鉛筆の芯やヘアピンを落とさないで下さい。鍵盤が動かなくなる原因になります。

A:
外装の塗装違いです。
内部は背丈が同じなら、黒も木目も同じです。

木目タイプは天然木化粧板を使用し、素材選びから塗装まで熟練した木工技術を必要とします。
インテリア性豊かなデザインを施しているため、黒塗りピアノよりコストがかかる為、購入時の価格は木目の方が高額です。

お手入れの面では、木目タイプは半艶塗装やオープンポア仕上げなので、手あかや埃が目立ちにくいです。
黒塗りピアノの鏡面艶出し塗装は、キズには強いのですが、埃が目立ちので手入れをして美しい艶を保つようにしてください。

A.
どちらでも、調整や修理をきちんと施してあれば問題ありません。
新品でも工場出荷状態のまま納品される為、調整がきちんとなっていない事が多く、部品が馴染むまでは狂いが生じます。
また、中古でも製造年数から40年越えたピアノは、状態によっては大掛かりな修理が必要になる場合が出てきますので、注意が必要です。
修理や調整がきちんと行われていないと、いくら良い材質の物を購入されても、ピアノ本来の良さも発揮されず寿命も縮みかねません。

A.
鍵盤は同じ様に並んでいますが、構造・音・弾き心地・耐久性が違います。
ピアノと同じ構造ではなく、ピアノの弾き心地に近づかせて似せた電気製品ですので、代わりではありません。

また、電気製品の為に耐久年数も短く、故障時の修理は高額です。
音もピアノ音を録音したデジタル音をスピーカーから出しています。
デジタルピアノは譜読み程度ならばさほど問題ありませんが、音の強弱や表情を付けて演奏をするのは、そこまで精度良く作られていませんので演奏表現がどうしても乏しくなります。
音の強弱や音色の変化が滑らかに付け難い構造だからです。

その点、ピアノは耐久年数が長く、弾き手が音色を自由に変化させて音の強弱や表情豊かに弾く事が出来ます。
両手で演奏するようになる頃には、音色や強弱、表現力が求められますので、必ずピアノに買換えが必要になります。
楽器店は買換えをしてもらえばもらうほど、儲かり喜びます。
例)キーボード→デジピ→アップライトピアノ→グランドピアノ
長くレッスンする事を考慮すると、始めからピアノを購入する方が金銭的にも安く、長く使用出来、上達も望めます。

デジタルピアノのメリットとデメリット
◎メリット:音量調節可、ヘッドホン使用可、MIDI端子接続が可、音の種類やリバーブ(残響効果)が有る、調律不要
×デメリット:アコースティックピアノと比べて音とタッチが違う、強弱や音色が滑らかに演奏が出来ない、耐久年数短い、故障時の修理費用が高額、処分費用が高額

A:
黒色やマホガニー等の艶出し塗装には、「艶出し用」のワックスをお使い下さい。
ウォルナットやチーク等の半艶塗装やオープンポア仕上げには「艶消し塗装用」を使用してください。
日常の手入れは柔らかい布で乾拭きしてください。
市販の化学雑巾は使用しないでください。
鍵盤は柔らかい布での乾拭きをして下さい。
汚れがひどい場合には中性洗剤を薄く染み込ませた布で拭き、それから乾拭きをすれば良いでしょう。

A:
鍵盤を押したときの重さは、ある程度決められています。
設置状況、整調、整音を点検しましょう。

・設置状況
柔らかなものの上(例えば畳の部屋)にあると、重く感じます。
湿度が高ければ重く感じます。理想的なお部屋の湿度は50~60%です。

・整調
ピアノの打弦機構は、“てこ”の組み合わせですので、各部品の摩擦状況が悪ければ重く感じます。
整調が正しいか確認して、乱れていれば整えましょう。乱れがあると、重く感じます。

・整音
音色が不揃いだったり、ボケて(こもって)いても重く感じます。
また、鍵盤を支えている、バランスキーピンやフロントキーピンが錆びているだけでも重く感じます。

最終的には、鍵盤に鉛を入れて重さを調整できますが、上記作業が整ってから判断します。
ピアノの状態を、調律師にご相談下さい。

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-87-2188まで