スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。

よくある質問

購入


A.
毎日の練習で音感や指の形、弾き心地を養うのには、アコースティックピアノをおすすめします。
耳や手の感覚が発達する時期に良いピアノで練習する事は、演奏技術上達のスピードに差が生じます。
ピアノには初心者用、上級者用という括りは有りませんので、きちんと調整・修理されたピアノであれば、音や弾き心地、外観などお好みでお選び下さい。
アップライトピアノの背丈は121cm~131cmのものをおすすめしております。

A:
音色が美しく、バランスが良く均一であること。
タッチが軽快で、均一であること。
経年変化が無くて安定して使えること。
演奏技術に添ったアフターサービスが、長期間に渡り受けられること。
更にグランドピアノへ買い換えのグレードアップする時に、下取してもらえること。

販売店訪問時には下記ポイントに注意すると良いです。
  1. ピアノ外観は実際見えるところは全て見て確認をして下さい。
    木目ピアノは、日焼けしていると色が淡くなっているので注意しましょう。
  2. 低音から高音まで音を出し、弾いてみましょう。
  3. 出来れば、外装パネルを開けてもらってピアノ内部を見せてもらいましょう
    上部の蓋を開けて覗いただけでは内部を全て見る事は出来ません
  4. どこまで修理や調整を行ったのか、説明を聞いてみましょう。
  5. 疑問に思う事や、なぜ修理が必要だったのかも聞いてみるのも良いでしょう。

ピアノ細部まで関心を持っている姿勢を販売店側に見せることで、変なピアノを売られ難く防御策にもなります。
内部をきちんと整備してないお店は、内部を見せたがりませんし、質問をしてもきちんと返答出来なかったり、曖昧な返答を返してくるはずです。
お好みのピアノがお手頃値段で有るか、という事も重要ですが、
一番重要なのは、どのピアノも修理や調整がきちんと行われている事です。
また、購入時の良い状態を維持するアフターサービスを行っているかどうかです。

つまり、良いピアノを購入するには、まずはお店選びをする事が実は先なのです。
いくら良い材質や機能のあるピアノも、内部の修理や調整がきちんと行われていなければ、その良さは発揮しません。

A:

ご指摘の部分からは、音を止める装置が有りません。
アクション模型を、 参考にして下さい。
ダンパーと言う部品が、最高音側の2オクターブほどは有りません。
調律師がお伺いしたときに、この構造を見せてもらいましょう。

これよ り高音は弦の長さが短かく、ダンパーを取り付ける余裕が有りません。
又、弦振動の時間が短いために、演奏上は音を止める要求が有りません。
又、他の部分を弾いたときに、高音側の弦も振動することにより、その響きの豊かさを補助しております。
Tags: ,

A:
説明するまでもなく、アコースティックピアノの方が良いです。
お子様が長く続けられることを前提に、考えてみましょう。
長く続けるコツについては、ピアノの先生ともよく話し合いましょう。
仮に10年レッスンを続けると、よく耳にする「エリーゼの為に」や「乙女の祈り」は簡単に弾けるようになると思います。
その頃には曲想をつけたり、感情表現を要求されるようになり、アコースティックピアノでないと難しくなるでしょう。
その時点でデジタルピア ノから買い替えをしようとしても、残念ながら下取価格は有りません。
初めからアコースティックピアノを購入した方が、安くつきます。
また、数年でピアノがいらなくなったとしたらどうでしょう。
ヤマハかカワイのピアノならば、買取ってもらえます。
但し、どうしても置き場所が無い、重量的に設置出来ない、音量が迷惑という時は、デジタルピアノでも止むを得ないと思います。

A:
弦の長さと弦振動を増幅している響鳴板の面積が違います。
よって、音量や音の伸び、音の深みに差が出ます。
背丈が高いと弦が長く、響鳴板の面積が広いので、
ダイナミックレンジ(音の強弱の幅)が大きく、演奏表現が豊かになります。
両手で弾く様な頃には、曲想づけや表現力を要求されるようになります。
お持ちのピアノにより、表現力に差が出ます。

A:
ピアノの音は弾き手によって無限にかわりますが、電子ピアノはこれに比べて乏しい表現になります。
ピアノの音は振動している弦に、次なる振動が加わり複雑な音の変化が作り出せます。(響鳴板などの他の部品に関しても、同等に考えることが出来ます。)
電子ピアノの音は録音された音の再生のため、前述の効果は期待できません。
タッチもピアノは打弦時の感触を、音と結びつけて記憶していきます。
電子ピアノでは、この感触をつかむことは出来ないでしょう。
曲想をつけて豊かな表現をする時に、その差を大きく感じる事が出来ると思います。
現在各メーカーより、アコースティックピアノに限りなく近い自然なタッチと表現力を可能にしたものが発売されておりますが、 ピアノと同じではありません。
耐久性では、アコースティックピアノは磨耗部分の補修部品への取り替えや定期的な調整により長期間の使用が可能ですが、電子ピアノは電器製品ですので耐用年数に限りがあります。
ピアノ以外の違う音色で演奏したり、PCで音を加工したりする、などの作業は電子ピアノの得意分野です。
夜に譜読みの練習をする場合は、他人に迷惑をかけなくて便利でしょう。
余裕があれば、アコースティックピアノと電子ピアノを置いて使い分けると更に便利です。

A:
変換ミスのような言葉ですが、間違いではありません。
調律師の専門用語で、調整することを「整調」と言います。
整調とは、ピアノのアクション(打鍵機構部分)を円滑且つ均一に動作するよう調整する作業です。
一例では、鍵盤上面の高さを揃えるため、0.03mm位のパンチングと言う紙を鍵盤の下に抜き差しします。
全ての鍵盤の高さが均一になるまでこの作業を繰り返して、平面を作ります。
単純で時間を要する作業ですが、演奏者にとっては非常に重要な作業です。
調律や音を作る整音の作業も、整調が整っていないと正しく綺麗に調整することは不可能です。

我が家では、毎日練習すると、カレンダーにシールを貼ってあげています。
かわいいシールを百円ショップでは見つけて、ご褒美用にたくさん集めております。(Y.T.)

おじいちゃんに頼んで、孫に先日弾いていた「仔犬のワルツが聞きたいな~。」
わざわざピアノノ嫌いのおじいちゃんに、リクエストをお願いしております。
孫は、大喜びで聞かせようとしております。
最近では、おじいちゃんもお茶をすすりながら、「いい曲だね。」と笑顔で答えるようになりました。
(内心では、どうだか・・・?)(A.G.)
Tags:

A:
ある程度の範囲で、変えることはできます。
まず設置場所の状況、調律の状態、整調の状態、整音の状況を調査します。
文章で音の説明は分かりにくいかもしれませんが、柔らかな音にする場合の一例です。

・床や室内に吸音材になるものが多くあると場合は、音色はソフトになります。
・調律をする時に調律師に基音を重視して調律をしてもらうと、ソフトに聞こえます。
・整調作業により、アクションの運動量を少なくすれば、音色はソフトになります。
・最終判断になりますが、ハンマーフェルトを柔らかくすると、音色はソフトになります。

反対にハンマーフェルトを硬くすると、音色はハードになります。
調律師にどのように変えたいのか、相談してみましょう。
Tags: ,

A.
樹脂部品を使用したからといって、決して音が悪い事は有りません。
現在でも音に影響する部分や木の方が良い箇所には、木が使われております。

昔からピアノを製造するのに木が多く使われていますが、近年木材資源にゆとりが無い事やコストダウンが図られた為、木に代わるものとして楽器用硬質プラスチックが開発され40年ほど前から導入されています。
木は、温度湿度の変化により膨張収縮を繰り返し変化します。
加工後の重量のバラ付きがあり、摩擦係数も高いです。
これらを解消し、軽量で加工し易く、コストが安いという事で樹脂が導入され今日に至っています。
実際にプラスチック(樹脂)を使用している箇所として、
アクション部品では、鍵盤を弾いた時に部品と部品が擦り合わされて動いている部分に樹脂が使われています。
外装部品では、譜面台や脚などに使用されています。※機種により他の部分にも使用されています。

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-87-2188まで